モール 物流 海外

日通、アリババグループと業務提携し、越境EC事業者への物流サービス開始

更新日:

[`evernote` not found]
LINEで送る

「T-MALL国際」の出店者に向けた物流務委託サービス

日本通運株式会社(以下、日通)は、中国ECモール最大手の阿里巴巴集団(以下、アリババグループ)と業務提携し、アリババグループの越境ECサイト「T-MALL国際」の出店者に向けた物流業務委託サービスを開始する。

日通は昨年9月に、アリババグループの「ビッグデータ物流プラットフォーム企業」である菜鳥網絡(以下、菜鳥)と国際輸送に関する業務提携契約をしている。
その後、昨年の11月11日(独身の日)にアリババグループが571億1200万元を売上げた際、日通は「独身の日」関連で1万6千件の梱包、出荷、輸出業務を提供した。
この実績を評価され、本年4月1日に日通と菜鳥は改めて今年度の業務提携契約を締結した。
8月より本格的に越境EC事業者に向けた運送サービスの提供をスタートする。

業務提携の具体的な内容

菜鳥、出店者、日通をEDI(electronic data interchange)で結び、日通の輸送拠点(千葉県成田市)を菜鳥海外倉庫と位置付けることでオーダー管理、通関情報、輸送履歴情報、および運賃決済情報を連携させることができる。
これにより「T-MALL国際」出展企業の販売活動がより円滑になるという。

関連ニュース

[`evernote` not found]
LINEで送る

-モール, 物流, 海外
-, , , ,

Copyright© EC grow | EC関連のニュースメディアサイト , 2017 All Rights Reserved.