ユーザーに寄り添う “One to OneパーソナルECサイト”へ

クルーズ株式会社(以下、クルーズ)は、同社で運営するファストファッション通販『SHOPLIST.com by CROOZ』(以下、SHOPLIST)において、カラフル・ボード株式会社(以下、カラフル・ボード)が提供するファッション人工知能「SENSY(センシー)」の試験導入を開始したと発表した。

昨今のEC市場では顧客一人ひとりのニーズに合わせた「One to Oneマーケティング」が盛り上がりを見せている。
サービスの質といった顧客体験からユーザー満足度を高めることに注目し、この度SHOPLISTではOne to Oneの接客ができる“パーソナルECサイト”を目指し、人工知能SENSYの試験導入を開始した。

「SENSY」導入でSHOPLISTは「パーソナルECサイト」へ

SENSYはカラフル・ボード株式会社が提供する人工知能アプリだ。
SENSYが提案したアイテムに対するユーザーの反応を解析することで、徐々にユーザーの趣味・嗜好を学びとり、ユーザーの好みにぴったりのアイテムを提案するようになっていく、成長する人工知能だ。
従来型のレコメンドエンジンは、「この行動をしたユーザーには、オススメとしてこのアイテムを表示する」という、あらかじめ人間が考え組み込まれたロジックをもとに選んだアイテムを表示するが、人工知能型レコメンドエンジンであるSENSYは、そのロジック自体もユーザーに合わせ自身で自動設計することができるため、既存のレコメンドエンジンよりもさらに精度高くアイテムを提案することができるという。
従来のECサイトでは、ユーザーごとに年齢・性別や好みが異なるにもかかわらず、店舗と違って一律の応対しかできない状態だった。
SHOPLISTはSENSYの試験導入によって、ユーザーごとに接客を変える“パーソナルECサイト”を目指すという。

「SENSY」について

ユーザーの「感性」を学習していく人工知能。提携ブランドの服の「好み」を分類することで、人工知能がそのユーザーのファッションセンス「感性」を学習し、まるで専属のスタイリストのように世界中のECサイトから、ユーザーの感性に沿った商品を提案してくれるAIロボット型のアプリ。

出典元:PRTIMES

関連ニュース