自社EC モール システム

アスクルとマネーフォワード、業務提携契約を締結

投稿日:


オフィス向け、個人向けの各分野において新規サービスを共同で開発

アスクル株式会社(以下、アスクル)と株式会社マネーフォワード(以下、マネーフォワード)は、オフィス向け、個人向けの各分野において新規サービスを共同開発・展開することを目的とし、業務提携契約を締結したと発表した。

■提携の背景
アスクルは、オフィス用品通販の「ASKUL」と、第2世代ECNo.1を目指す個人向けの日用品ネットショップ「LOHACO(ロハコ)」を展開している。
一方、マネーフォワードは、オフィス向けクラウドサービス「MFクラウドシリーズ」と、個人向け自動家計簿・資産管理サービス「マネーフォワード」を展開。
「MFクラウドシリーズ」はユーザー数50万を突破、「マネーフォワード」はリリースから僅か3年で利用者数350万を突破し、多くの方に支持されている。
このようにオフィス向け、および個人向けにサービスを提供する両社が経営資源を活用し、ユーザーへ向けてより利便性の高く、新たな付加価値を生むサービスの提供を目指してゆくとのこと。

業務提携内容

■オフィス向けクラウドサービス「MFクラウド for ASKUL(仮称)」の共同開発
マネーフォワードが提供するクラウドサービス「MFクラウドシリーズ」をベースに、「ASKUL」のユーザーに「MFクラウド for ASKUL(仮称)」を提供。
全国約1,400社のアスクルエージェントやカタログ等を通じてユーザーに適したクラウドサービスを案内し、安心してご導入可能な支援体制を構築、国内400万超の中小企業のクラウド活用を強力に支援するという。
さらに、ユーザーの声をカタチにする共同開発体制で、よりユーザーのお役に立てるサービスへと進化させてゆくとのこと。

■個人向け「LOHACO家計簿 powered by Moneyforward」(仮称)の共同開発により、「LOHACO」のユーザーの家計を最適化、ネットショッピングをより快適・便利に
マネーフォワードが提供する自動家計簿・資産管理サービス「マネーフォワード」をベースに、アスクルが提供する「LOHACO」のユーザーに向けた便利な機能・情報を拡充したアプリケーション「LOHACO家計簿 powered by Moneyforward」(仮称)を、共同で開発してゆくという。
両社がECサイトのユーザー向けに自動家計簿・資産管理サービスを提供するのは、今回が初の取り組みとなる。

出典元:PRTIMES

関連ニュース


-自社EC, モール, システム
-, ,

Copyright© EC grow | EC関連のニュースメディアサイト , 2018 All Rights Reserved.