モール マーケット 分析

GMO TECH、WEB集客最適化ツール「GMO Audience Optimizer(オーディエンス オプティマイザー)」を提供開始

投稿日:

[`evernote` not found]
LINEで送る

ユーザー属性・行動履歴を蓄積してWEBプロモーションに活用

■WEBプロモーションの最適化が図れるWEB集客最適化ツール「GMO Audience Optimizer」の提供開始

GMOインターネットグループでインターネット上の集客サービスを展開するGMO TECH株式会社(以下、GMO TECH)は、WEBプロモーションの最適化が図れるWEB集客最適化ツール「GMO Audience Optimizer」を、2月1日より提供開始した。
「GMO Audience Optimizer」は、ユーザーの属性やWEB行動履歴を取得・蓄積し、簡単にセグメント化できるツールだという。
WEBプロモーションを実施する企業は、このセグメントデータを活用することで、PCおよびスマートフォンのWEBサイトの表示や、WEB広告の配信をターゲットに応じて最適化することが可能となる。

■「GMO Audience Optimizer」提供開始の背景

昨今、企業のWEBプロモーションにおいては、個人の属性や趣味趣向、WEBでの行動履歴といったビッグデータを活用した緻密なマーケティングが求められてる。
こうした中GMO TECHにおいても、SEOや広告運用などの集客支援サービスを利用するユーザーより、ユーザーの属性に応じて入り口となるWEBサイトの表示(ランディングページ)やWEB広告配信の最適化を図りたいといった要望を多く受けていたという。
そのようなことから、GMO TECHは、これまで培ってきたWEBマーケティングノウハウを活かし、ユーザーデータの収集・蓄積から分析、セグメント化を行えるWEB集客最適化ツール「GMO Audience Optimizer」を開発した。

「GMO Audience Optimizer」で実現できること

WEBプロモーションを実施する企業は、「GMO Audience Optimizer」を導入することで、サイトを訪れたユーザーの「年齢」「性別」「趣味」「地域」といったユーザー属性や、WEBサイト上での行動履歴、購買履歴といったデータを取得し蓄積することができる。
蓄積したデータは、ユーザーの属性や購入経験などでセグメント化。
WEB広告配信やランディングページの最適化など、効果的なWEBプロモーションの実施に活用できるとのこと。

■売上貢献度別にユーザーを自動分類

蓄積したデータは、LTV(※1)別にユーザーを自動で分類することができる。
例えばECサイトの場合、「未購入のユーザー」「購買経験のあるユーザー」「リピート購入しているユーザー」などに自動でセグメントでき、作成したセグメントは新規顧客獲得やリピート顧客の育成など、目的に合わせたプロモーションに活用することが可能だ。
※1 Life Time Value(顧客生涯価値)の略で、一人の顧客がサービスにもたらす価値のこと。

■管理画面で自由にセグメントを作成

「GMO Audience Optimizer」の管理画面上では、蓄積したデータをもとに「20代の女性」「過去1か月購入のない男性」などの項目で自由にセグメント分けを行うことができる。
このセグメント別に、WEBサイトのランディングページやクーポンの表示分けが管理画面上で行えるほか(LPO連携機能)、作成したセグメントはWEB広告配信時のターゲティングに活用することが可能だ。

■「GMO Audience Optimizer」の機能

1)ソーシャルID連携機能
「GMO Audience Optimizer」で取得・蓄積したユーザー情報に、ユーザーが許可したソーシャルアカウントID(Twitter、Facebookなど)を紐付けることができる。これにより、該当ユーザーのソーシャルプラットフォーム上に加え、近い属性(趣味や嗜好)を持つユーザーのプラットフォームへも最適なWEB広告を配信することが可能だという。
例)ECサイトを運営する企業が、商品プレゼントキャンペーンをFacebook上のアプリで実施。
すでにサイトで会員登録を行っているユーザーが、Facebookからログインしてアプリの認証許可をし、キャンペーンに参加することで、ソーシャルアカウントと会員情報の紐付けが完了するという。

2)広告配信活用・広告効果測定
「GMO Audience Optimizer」の導入で蓄積した情報は、広告効果の測定や広告の設計に活用することができる。
広告配信の際には、「GMO Audience Optimizer」上で設定したセグメント別に、類似ユーザーを効率的に獲得するオーディエンス拡張に利用できる。

「GMO Audience Optimizer」で実現できること

WEBプロモーションを実施する企業は、「GMO Audience Optimizer」を導入することで、サイトを訪れたユーザーの「年齢」「性別」「趣味」「地域」といったユーザー属性や、WEBサイト上での行動履歴、購買履歴といったデータを取得し蓄積することができる。
蓄積したデータは、ユーザーの属性や購入経験などでセグメント化。
WEB広告配信やランディングページの最適化など、効果的なWEBプロモーションの実施に活用できるとのこと。

■売上貢献度別にユーザーを自動分類

蓄積したデータは、LTV(※1)別にユーザーを自動で分類することができる。
例えばECサイトの場合、「未購入のユーザー」「購買経験のあるユーザー」「リピート購入しているユーザー」などに自動でセグメントでき、作成したセグメントは新規顧客獲得やリピート顧客の育成など、目的に合わせたプロモーションに活用することが可能だ。
※1 Life Time Value(顧客生涯価値)の略で、一人の顧客がサービスにもたらす価値のこと。

■管理画面で自由にセグメントを作成

「GMO Audience Optimizer」の管理画面上では、蓄積したデータをもとに「20代の女性」「過去1か月購入のない男性」などの項目で自由にセグメント分けを行うことができる。
このセグメント別に、WEBサイトのランディングページやクーポンの表示分けが管理画面上で行えるほか(LPO連携機能)、作成したセグメントはWEB広告配信時のターゲティングに活用することが可能だ。

■「GMO Audience Optimizer」の機能

1)ソーシャルID連携機能
「GMO Audience Optimizer」で取得・蓄積したユーザー情報に、ユーザーが許可したソーシャルアカウントID(Twitter、Facebookなど)を紐付けることができる。これにより、該当ユーザーのソーシャルプラットフォーム上に加え、近い属性(趣味や嗜好)を持つユーザーのプラットフォームへも最適なWEB広告を配信することが可能だという。
例)ECサイトを運営する企業が、商品プレゼントキャンペーンをFacebook上のアプリで実施。
すでにサイトで会員登録を行っているユーザーが、Facebookからログインしてアプリの認証許可をし、キャンペーンに参加することで、ソーシャルアカウントと会員情報の紐付けが完了するという。

2)広告配信活用・広告効果測定
「GMO Audience Optimizer」の導入で蓄積した情報は、広告効果の測定や広告の設計に活用することができる。
広告配信の際には、「GMO Audience Optimizer」上で設定したセグメント別に、類似ユーザーを効率的に獲得するオーディエンス拡張に利用できる。

■今後提供を予定している機能

3)LPO(ランディングページ最適化)連携(2016年7月提供予定)
管理画面上で、WEBサイト訪問者の属性に応じてページ内コンテンツの制御を行い、最適なコンテンツを表示させることができる。
ウェブサイトの最初のページで、訪問者が必要としている情報や興味を持ちそうなコンテンツを表示することで、WEB離脱率を抑えることが可能だ。

4)A/Bテスト機能(2017年4月提供予定)
同一属性のユーザーに対してA/Bテストを実施する機能を搭載予定とのこと。
どんなコンテンツがターゲットに対してより効果的かを管理画面上で簡単に検証することができ、最適なプロモーションを行える。

関連ニュース

[`evernote` not found]
LINEで送る

-モール, マーケット, 分析
-,

Copyright© EC grow | EC関連のニュースメディアサイト , 2017 All Rights Reserved.