モール

楽天市場、バーチャル試着サービスの試験提供を開始

更新日:

[`evernote` not found]
LINEで送る

身長・体重など基本情報の入力で、仮想イメージの表示や体型にあったおすすめのサイズを提案

■楽天、バーチャルフィッティングルームのサービスを開始

楽天株式会社(以下、楽天)は、インターネット・ショッピングモール「楽天市場」において、子会社であるFits.me Holdings Limited(以下、Fits.me社)の技術を活用した、バーチャル試着サービス「バーチャル・フィッティングルーム」と最適な衣服サイズを提案するサービス「フィット・アドバイザー」の試験提供を開始した。

■試着した際のイメージを、商品ページ上でバーチャルに確認できるようにするサービス

「バーチャル・フィッティングルーム」は、ユーザーがシャツなどの衣服の購入前に、いろいろなサイズを試着した際のイメージを、商品ページ上でバーチャルに確認できるようにするサービスだ。
自らの身長や体重など体型に関する情報や、好みのフィット感(ゆったりめ、ぴったりめ)を入力することで、どの衣服やサイズが体型に合うのかを確認することができる。
また、「フィット・アドバイザー」は、ユーザーが身長や体重など体型に関する情報を入力すると、おすすめのサイズ(S、M、Lなど)を表示するサービスだという。

今回の試験運用では、「楽天市場」に出店する「紳士服はるやま」のメンズ用ワイシャツ約60点において「バーチャル・フィッティングルーム」を利用することが可能とのこと。
また、「フィット・アドバイザー」は、「楽天市場」のファッションブランド公式ECサイト「スタイライフ」における約8,000点の商品を対象にサービスを展開する。

Fits.me社の概要

Fits.me社は、ハイキ・ハルドレとポール・ポーリンが2010年、エストニアで創設した企業で、2015年に楽天グループに加わった。
バーチャル試着サービス提供を通じて蓄積してきた知見を生かし、アパレルブランドや小売業者、店舗に、顧客ロイヤルティの向上や購買体験のパーソナル化、より効率的で効果的な販売を可能にするソリューションを提供している。
ロンドン、ニューヨーク、およびエストニア国内の計4拠点で、60人を超える運営・営業スタッフが、開発やリサーチ、業務支援を行っている。

関連ニュース

[`evernote` not found]
LINEで送る

-モール
-,

Copyright© EC grow | EC関連のニュースメディアサイト , 2017 All Rights Reserved.