モール システム

JTB、越境ECサイトを活用した日本食農品産品輸出事業スタート

投稿日:

[`evernote` not found]
LINEで送る

食農観光プラットフォーム構築による“骨太”な地域振興の取組みへ

■越境ECサイト『新鮮直送』にて販売

株式会社JTB西日本(以下、JTB西日本)は、海外に訴求できる日本農林水産物等を発掘・プロデュースし、イオンダイレクト株式会社(以下、イオンダイレクト)が持つ越境ECサイト『新鮮直送』~Japan Premium Online Shop~にて、海外マーケットへの販売を11月20日(金)より開始した。

JTBグループでは、日本の「食」「農」と「観光」、そして「文化」を結びつけ、国内外に“本物の日本の魅力”を伝えることにより交流人口の拡大と豊かな地域づくりに貢献していくための、食農観光人材育成~商品開発・コーディネートづくり~国内・海外への販売へつなげるための一気通貫した食農観光プラットフォームの構築を進める。

■海外の嗜好にあった質の高い産品を『新鮮直送』での輸出販売

その中、JTB西日本ではアジアの有望市場である香港・シンガポール等において2014年より個別商談会を開催、全国各地の日本食農品産品の発掘と魅力作り、そして海外への販路創出拡大支援に取り組んできた。
現在、世界的な日本食ブームや健康志向の高まりにより、アジアにおいても日本食農品産品への関心が年々高くなっているという。
また、アジアを中心に訪日観光客は拡大を続けており、日本を何度も訪れるリピーターが増えている現状だ。

■日本食農品産品消費から訪日観光の動機付けへ

しかし、現状は、日本食農品産品の海外輸出販売と、訪日旅行者への販売は、全く異なった取組みであるため、海外での日本食農品産品消費から訪日観光の動機づけ、反対に訪日観光から日本各産地での日本食農品産品購入への連動した仕組みが整っていない状況だという。
こういった状況を鑑みJTB西日本は、各地の日本食農品産品の中から、海外の嗜好にあった質の高い産品であり、且つその生産地が訪日観光客に魅力ある地域で、それらの産品を“J’sAgri(=JTBの食を活用した地域振興ブランド)”商品とし、イオンダイレクトが持つ越境ECサイト『新鮮直送』での輸出販売を開始した。
合わせて産地を訪れる訪日観光客に向けた着地型旅行商品の造成・販売を一体的に取り組んでゆく。

JTB西日本は、日本食農品産品の海外輸出と、それら生産地への訪日観光の誘引がセットとなった、新しい事業モデルを全国的に展開、日本各地における農山漁村の活性化をはじめ、魅力ある地域づくりに貢献してゆくという。

 

関連ニュース

[`evernote` not found]
LINEで送る

-モール, システム
-, , ,

Copyright© EC grow | EC関連のニュースメディアサイト , 2018 All Rights Reserved.