会員IDに登録されているクレジットカード情報を利用した簡単決済サービス

楽天株式会社(以下、「楽天」)は、株式会社Eストアーが提供するネットショップ運営システム「ショップサーブ」において、楽天が提供するID型決済サービス「楽天ID決済」を、10月21日(水)に新たな決済オプション機能として導入した。

今回、ショップサーブが楽天ID決済を導入したことにより、楽天会員はショップサーブで構築した約2万店舗のECサイトで買い物をする際、クレジットカード等の情報を入力せずに、楽天会員IDに登録した情報のみで決済が可能になる。さらに、楽天スーパーポイントの獲得および、利用が可能にる。

楽天ID決済を利用することによって、楽天スーパーポイントが使えて、貯まることもできるので、会員にとってはお得。また、個人情報やクレジットカード情報の入力が必要ないので安心できる。さらに、買い物するたび「サイトごとに」決済情報を入力する代わりに、楽天IDに登録されている情報を利用して決済がスムーズにできる。

関連ニュース


[sc:AdSense(記事下段)]