自社EC モール 物流

佐川急便、全国のローソン店舗での「コンビニ受取サービス」を開始

更新日:


2014年度のローソン店頭での受け取り件数は、サービス開始時と比べ2倍以上

SGホールディングスグループの佐川急便株式会社(以下、佐川急便)は、株式会社ローソン(以下、ローソン)と、消費者が通販事業者から購入した商品を全国のローソン店舗で受け取れる「コンビニ受取サービス」を7月27日から開始すると発表した。
導入第1号企業として、アイウエアブランド「JINS」を展開する株式会社ジェイアイエヌのオンラインショップで購入した商品の受け取りから取り扱いを開始する。

通販事業者などのECサイトで商品を購入されるユーザーは、受け取り先に全国のローソン店舗(11,213店舗:2015年6月末/ローソンストア100を除く)を選択することで、購入した商品を24時間いつでも受け取ることができるという。
また、自宅周辺のローソン店舗だけでなく、利用する交通機関の駅やバス停、勤務先、出張先、旅行先の周辺店舗などライフスタイルや用途に合わせて受け取り場所の指定が可能となる。

ローソンは業界に先駆けて2008年7月から、Amazon商品のコンビニ受取りサービスを開始した。
ネットショッピングの市場拡大やユーザーのニーズの多様化により、2014年度のローソン店頭での受け取り件数は、サービス開始時と比べ2倍以上伸長しているという。

コンビニ受取の利点は、普段自宅で商品を受け取れないユーザーにとって非常にありがたいサービスだ。
今後、更なるサービスの拡充が期待される。

関連ニュース


-自社EC, モール, 物流
-, ,

Copyright© EC grow | EC関連のニュースメディアサイト , 2018 All Rights Reserved.