自分の大切なモノを同じ価値観を持つ人に使ってもらうCtoC取引サービス

大日本印刷株式会社(以下:DNP)は、個人同士のモノの売買が簡単かつ安心して行えるサービス「DNP CtoC取引サービス KURURiTM(クルリ)」(以下、KURURi)を7月10日より開始した。

生活者の節約志向が広がりを見せるなか、良いモノを再利用するニーズが高まってきている。
しかし、従来のオークションサイトでは、出品から落札までに時間がかかることや、フリーマーケットでは数多い商品の中から買い手が欲しいモノを見つけにくいという課題があった。

この課題に対して、今回開始する「KURURi」は、売り手と買い手のコミュニケーションを活性化することで、時間をかけずに、最適に個人間取引のニーズをマッチングし、安全に取引を行える仕組みだ。

「KURURi」の基本的なサービスの流れ

KURURiは、スポーツやアウトドアを中心に、友達やファミリーで趣味を愉しむ大人を主なターゲットとしたフリーマーケット型アプリだ。

利用者(買い手)が「こんなモノが欲しい」「新しい趣味のために何から揃えればいいだろう」といったニーズを“リクエスト”としてアプリ上で投稿する。
売り手がその“リクエスト”を参照し、自分が売りたいモノについて、写真や紹介文などを付けて“アピール”として投稿を行う。
“リクエスト”と“アピール”のやり取りを通じて、買い手と売り手がともに満足できるような最適な個人間取引を効果的にサポートする仕組みだ。

対価については、DNPが提携する決済代行会社を介して買い手から代金を一時的に預かり、届けられたモノを買い手が確認・評価してOKだった場合に、売り手に支払われる。エスクローサービスとしてDNPが個人間の取引を仲介するため、トラブルの軽減にもつながるという。
なお、会員登録や“リクエスト”、“アピール”出品などには費用は発生しないが、売買成立時に、DNPは売価の10%を手数料として売り手から受領するという。

買い手のニーズを起点とし、それに合致した商品情報が紹介されるため、買い手は欲しいモノを探しやすく、売り手は自分の大切なモノを求めている人に譲ることができる。
生活者が不要となったモノを捨てるのではなく、“自分の大切なモノを同じ価値観を持つ人に使ってもらう”サービスだ。

今後の展開

DNPは、使っていないモノ(余剰資産)を世に出せる場所をつくることで、人と人とをつなぎ、モノが長く大事に使われるエコシステムの提供や、シェアリングエコノミー(共有経済)市場の創出を推進ししてゆく。また、2017年度までの累計で10億円の売上を目指す。

今後DNPは、決済手段の拡充やエスクロー配送サービス(商品配送時の代金引き換え、匿名配送)の導入、当サービスの機能を導入したい企業に向けたAPI(Application Programming Interface)の提供、メディアや企業とのタイアップやコラボレーション、イベント開催などを行ってゆく。

関連ニュース


[sc:AdSense(記事下段)]