[vc_row][vc_column width=”1/1″][vc_column_text el_class=”article-title”]インドネシアの事業者向け間接資材マーケットの需要拡大[/vc_column_text][vc_row_inner][vc_column_inner width=”1/2″][vc_gallery type=”flexslider_fade” interval=”0″ onclick=”link_image” custom_links_target=”_self” img_size=”large” images=”2560″][/vc_column_inner][vc_column_inner width=”1/2″][vc_column_text]BEENOS株式会社(以下、BEENOS)は、インドネシアで事業者向け間接資材マーケットプレイス「ralali.com」を展開するララリ社(本社、シンガポール・以下、ララリ)の第三者割当増資を引き受け、リードインベスターとして出資を行ったと発表した。

出資額は約3億2,000万円となっており、株式会社サイバーエージェント・ベンチャーズやイーストベンチャーズ投資事業有限責任組合(East Ventures)等と共同で出資を行うとのこと。

ララリは、インドネシアにて、事業者向け間接資材のオンラインマーケットプレイス「ralali.com」を2013年より展開している。
「ralali.com」は、研磨用品、電気材料、作業工具、建築土木用品、梱包資材、測定機器、清掃用具、安全衛生保護用品、医療用品等30のカテゴリーと700のサブカテゴリーの商材を扱う総合B2Bマーケットプイレスだ。

インドネシアの事業者向け間接資材マーケットは、現時点でも600億米ドル(7兆円超)のマーケットと言われており、拡大を続けている。
中小企業の多いインドネシアにて、最大級のB2Bマーケットプレイスを運営するララリは、今回の調達により、現時点で5万点ある在庫管理単位をさらに拡張させ、インドネシア全土のあらゆる企業に向けたサービスの拡張を行う。

BEENOSは、中小企業にとって、このような間接資材を、便利に簡単にインターネットを通じて調達することは、本業の生産性を上げることにもつながり、社会全体の生産性を上げていくことにもつながると考えている。
また、インドネシアのEC市場においても、C2CやB2Cに加えて、中国のAlibaba(アリババ)社や、日本のアスクル社やMonotaRO社に代表されるように、B2B領域での市場の発展が見込まれると判断し、今回の出資に至ったとのこと。

インドネシアでの間接資材などの需要が今後見込まれる点において、今回のBEENOSのインドネシアに向けての出資は、日本から越境ECを行う事業者において、参考になる働きだ。
[/vc_column_text][/vc_column_inner][/vc_row_inner][/vc_column][/vc_row][vc_row][vc_column width=”1/1″][/vc_column][/vc_row][vc_row][vc_column width=”1/1″][vc_separator color=”grey”][vc_column_text]出典元:BEENOS プレスリリース[/vc_column_text][/vc_column][/vc_row]

関連ニュース