京東商城、ロシア最大のECプラットフォームを狙う

天猫(T-mall)に続き、中国国内で2番手の大規模B2Cサイト「京東商城」がロシア最大の物流会社SPSR Expressと業務提携を結んだと発表した。

今回の業務提携により「京東商城」は、本格的にロシアのEC市場に進出する予定とのこと。

「京東商城」の国外へ向けての働きにより、中国国内からの越境ECの規模は更に拡大すると予想される。

現在、日本からの越境ECに関して言えば、購入額が最も高いのはアメリカ、次いで中国となっている。
アメリカ、中国のみならず、日本もロシアなどの諸外国へ向け、越境ECの規模を拡大してゆく必要があるかもしれない。

関連ニュース


[sc:AdSense(記事下段)]