[vc_row][vc_column width=”1/1″][vc_column_text el_class=”article-title”]日本のEC、Amazonと楽天の二強状態[/vc_column_text][vc_row_inner][vc_column_inner width=”1/2″][vc_gallery type=”flexslider_fade” interval=”0″ images=”1419″ onclick=”link_image” custom_links_target=”_self” img_size=”large”][vc_gallery type=”flexslider_fade” interval=”0″ images=”1420″ onclick=”link_image” custom_links_target=”_self” img_size=”large”][/vc_column_inner][vc_column_inner width=”1/2″][vc_column_text]インターネット行動分析サービスの株式会社ヴァリューズは、2014年と2013年のWEBサイトにおける訪問者数を集計し、ランキングを作成した。

2014年は、1位の「Yahoo! JAPAN」に続き、2位が「Amazon」、3位が「楽天市場」と、TOP3のうち2サイトをECモールが占める結果となった。

2013年を見ると、2位が「楽天市場」、3位が「Amazon」と順位が逆転しているが、両年共に訪問者数はほぼ互角。
日本国内のECサイトは二強状態が続いていることが伺える。

また、それぞれ2013年から「Amazon」:2.8%、「楽天」:1.8%の伸び率となった。

その他、NAVERまとめやキュレーションサイトなどの「ミドルメディア」が訪問者数を急激に伸ばした。
2015年はさらなる躍進が期待されており、ECサイトにとっても新しいメディアとなるかもしれない。
[/vc_column_text][/vc_column_inner][/vc_row_inner][/vc_column][/vc_row][vc_row][vc_column width=”1/1″][vc_separator color=”grey”][vc_column_text]出典元:VALUES トピック[/vc_column_text][/vc_column][/vc_row]

関連ニュース