モール

日本の「贈り物」を変えるECモール 「ギフトネットコム」

投稿日:


贈られた人が商品を自由に選べ、金額もわからないギフトサービス

デジタル写真加工や写真集制作などを行う株式会社アスカネット(以下、アスカネット)は、「選べるギフト」に特化したECプラットフォーム「ギフトネットコム」を開始した。

受け取り手は「オンデマンド・オリジナルカード」を商品交換券として使用し、「ギフトネットコム」にアクセスする。
カードに記載されているコードを入力すると、贈り手が指定した金額相当の商品が表示される。
金額はどこにも記載されておらず、値段を気にせず好きな商品を選ぶことができる。
商品点数は、全部で112,882点(2014年12月1日時点)と豊富なラインナップから選べるのも魅力のひとつだ。

また、FacebookやLINEなどのSNSやメールで贈る方式も同時にスタート。住所を知らない相手にも、贈ることができる。

予想される利用シチュエーションは、お中元・お歳暮・クリスマスなどのギフト、結婚式の引き出物、ゴルフなどの景品・記念品、株主優待など。

カタログギフトとギフトカードのいいとこ取り

米国ではギフトカードの市場だけでも既に10兆円を超え、更に伸び続けていますが、日本の場合は「好きな物を自由に購入できる合理性」は認めながらも、ギフトカード上の金額表示に抵抗感があるためか、あまり普及していません。一方、金額の入っていないカタログギフトは一般的ですが、商品の選択肢が少なく、受け取りも一品に限定されています。
アスカネットの得意とする「1枚から制作可能な美しいオリジナルカード」とECを利用することでギフトカードやカタログギフトの良い点を踏襲しつつも従来の問題点を大幅に改善しました。

■カタログギフトと比較
○カード又はコードを使用するため荷物にならない
○ショッピングモールに匹敵する商品種から選択可能
○複数商品に分けて受け取りが可能(分割受け取り)
○スマホアプリやPCでいつでも何処でも贈答が可能

■ギフトカードと比較
○金額やポイントが入っていないので気軽に渡せる
○オリジナルなカードで温かみがある
○目的に応じて自由なデザインが可能
○ギフト付き年賀状や暑中見舞などの挨拶状になる

出典元:ASUKANET ニュース

関連ニュース


-モール
-

Copyright© EC grow | EC関連のニュースメディアサイト , 2018 All Rights Reserved.