[vc_row][vc_column width=”1/1″][vc_column_text el_class=”article-title”]昨年の楽天優勝セールによる売上を上回る成長[/vc_column_text][vc_row_inner][vc_column_inner width=”1/2″][vc_gallery type=”flexslider_fade” interval=”0″ images=”872″ onclick=”link_image” custom_links_target=”_self” img_size=”large”][/vc_column_inner][vc_column_inner width=”1/2″][vc_column_text]楽天株式会社(以下、楽天)の2014年度第3四半期決算の内容が発表された。

売上収益は昨年対比で1,288億円から14.6%増の1,476億円、
営業利益は234億円から20.9%増の283億円だった。

2013年度第三四半期は、「楽天優勝セール」による大きな押上げ効果があった関わらず、前年同期比+11.3%と順調に成長を見せた。

[/vc_column_text][/vc_column_inner][/vc_row_inner][vc_column_text el_class=”article-title”]43%のモバイル流通比率も牽引[/vc_column_text][vc_row_inner][vc_column_inner width=”1/1″][vc_column_text]代表取締役会長兼社長の三木谷浩史氏は、国内ECが好調だった背景には、進展が著しいEC化が要因のひとつだと言う。
特にスマートフォンの普及により、PCを開かなくても手軽にネットに繋げ、買い物が可能となった環境の変化が大きな影響を与えていると推測する。
今回の楽天国内ECのモバイル流通比率は43%となっている。[/vc_column_text][/vc_column_inner][/vc_row_inner][/vc_column][/vc_row][vc_row][vc_column width=”1/1″][vc_separator color=”grey”][vc_column_text]出典元:楽天株式会社:投資家情報[/vc_column_text][/vc_column][/vc_row]

関連ニュース