[vc_row][vc_column width=”1/1″][vc_column_text el_class=”article-title”]EC事業運営者用に、楽天やAmazonなどの商品価格を自動比較[/vc_column_text][vc_row_inner][vc_column_inner width=”1/2″][vc_gallery type=”flexslider_fade” interval=”0″ images=”836″ onclick=”link_image” custom_links_target=”_self” img_size=”large”][/vc_column_inner][vc_column_inner width=”1/2″][vc_column_text]ビッグデータ解析の株式会社ユーザーローカル(以下、ユーザーローカル)は、楽天市場などのECモールに出品されている商品の価格を自動で調査する「ユーザーローカル価格調査ツール」の提供をスタートした。
楽天市場・アマゾン・ヤフーショッピング、価格.comに対応、3000商品を無料で調査する。
将来的にはネットスーパーにも対応予定。

JANコード(またはEANコード)を持つ商品70万商品が対象となり、商品がどのモールの、どのショップで、いくらで売られているのかを確認できる。
[/vc_column_text][/vc_column_inner][/vc_row_inner][vc_column_text el_class=”article-title”]送料、ポイント、在庫調査なども同時に調査[/vc_column_text][vc_row_inner][vc_column_inner width=”1/2″][vc_gallery type=”flexslider_fade” interval=”0″ images=”837″ onclick=”link_image” custom_links_target=”_self” img_size=”large”][/vc_column_inner][vc_column_inner width=”1/2″][vc_column_text]商品価格のほか、送料の有無・ポイント・在庫状況まで網羅しており、EC事業者の価格調査にかかる負担をサポートする。

また、ユーザー属性や商品が閲覧される時間帯、一緒に閲覧されている商品などを分析することが可能な「製品マーケティング分析機能」や、ユーザーの離脱率などがわかる「アクセス解析機能」などがある。
[/vc_column_text][/vc_column_inner][/vc_row_inner][/vc_column][/vc_row][vc_row][vc_column width=”1/1″][vc_separator color=”grey”][vc_column_text]出典元:ユーザーローカル:PRESS RELEASE[/vc_column_text][/vc_column][/vc_row]

関連ニュース