[vc_row][vc_column width=”1/1″][vc_column_text el_class=”article-title”]eコマース新戦略の効果が少しずつ成果に[/vc_column_text][vc_row_inner][vc_column_inner width=”1/2″][vc_gallery type=”flexslider_fade” interval=”0″ images=”788″ onclick=”link_image” custom_links_target=”_self” img_size=”large”][/vc_column_inner][vc_column_inner width=”1/2″][vc_column_text]10月29日にYahoo!JAPANが発表した2014年度第2四半期決算にてYahoo!ショッピングなどのeコマース流通総額が2,811億円となり、昨年と比べ+298億円、+11.9%の成長となった。
ショッピング関連では10%増の890億円となった。
[/vc_column_text][/vc_column_inner][/vc_row_inner][vc_column_text el_class=”article-title”]店舗数は約10倍の19.3万店、商品数は5割以上増の1.2億点に拡大[/vc_column_text][vc_row_inner][vc_column_inner width=”1/4″][vc_gallery type=”flexslider_fade” interval=”0″ images=”790″ onclick=”link_image” custom_links_target=”_self” img_size=”large”][/vc_column_inner][vc_column_inner width=”1/4″][vc_gallery type=”flexslider_fade” interval=”0″ images=”791″ onclick=”link_image” custom_links_target=”_self” img_size=”large”][/vc_column_inner][vc_column_inner width=”1/4″][vc_gallery type=”flexslider_fade” interval=”0″ images=”793″ onclick=”link_image” custom_links_target=”_self” img_size=”large”][/vc_column_inner][vc_column_inner width=”1/4″][vc_gallery type=”flexslider_fade” interval=”0″ images=”794″ onclick=”link_image” custom_links_target=”_self” img_size=”large”][/vc_column_inner][/vc_row_inner][vc_row_inner][vc_column_inner width=”1/1″][vc_column_text]店舗数は無料化の効果もあり、約2万店舗から一気に約10倍の19.3万店舗まで拡大。商品数も5割以上の1.2億点を突破した。
この店舗数・商品数の増加の影響もあり、注文数も大きく増加している。消費増税前の駆け込み需要で大きな増減はあるものの注文数、取扱高も右肩上がりの推移となっている。
Yahoo!ショッピングとしては盛り上がりは見せつつあるが、店舗数の増大、商品点数の拡大は店舗にとっては競争の激化になるだろう。
そのため無料化になった費用を広告費や商品の値下げなどのサービスへの転嫁に繋げなければ、売上を伸ばす店舗、低調なままの店舗との二極化が進む可能性がある。[/vc_column_text][/vc_column_inner][/vc_row_inner][/vc_column][/vc_row][vc_row][vc_column width=”1/1″][vc_separator color=”grey”][vc_column_text]出典元:Yahoo!JAPAN IRアーカイブス[/vc_column_text][/vc_column][/vc_row]

関連ニュース