モール

楽天、実店舗でも利用できる「Rポイントカード」を開始

投稿日:

[`evernote` not found]
LINEで送る

「楽天スーパーポイント」が加盟の実店舗でも利用可能に

楽天株式会社(以下、楽天)は「楽天スーパーポイント」の共通ポイントサービス「Rポイントカード」を2014年10月1日に開始した。

これまでは「楽天スーパーポイント」は楽天が運営するインターネットショッピングモール「楽天市場」や、楽天グループのサービス利用時に獲得でき、これらのサービス内で支払いにあてることが可能だった。
「Rポイントカード」は、加盟している12社・団体が運営する実店舗で提示することにより、「楽天スーパーポイント」の獲得や、支払い時の利用が可能となる。

「Rポイントカード」特設ページ
http://point.rakuten.co.jp/rpointcard/

グループを超えて、利便性の高い共通サービスに

約9,400万人の楽天会員は、「Rポイントカード」を取得・登録することで、楽天グループサービス利用で貯めた「楽天スーパーポイント」を全国約1万3,300以上の実店舗でも利用できるようになります。また、「Rポイントカード」で貯めたポイントは、1億7,000点以上の商品が揃う「楽天市場」など、ほかの楽天グループサービスでも利用可能なため、利便性の高い共通ポイントサービスとなります。さらに一部の加盟企業の店舗(注1)では、「楽天カード」あるいは「楽天Edy」による決済との併用により、「楽天スーパーポイント」を重複して獲得することができます(注2)。なお、楽天グループでは、「楽天Edy」と「Rポイントカード」を一体化させた「Edy-Rポイントカード」も提供しています(注3)。

(注1)対象加盟企業の店舗:サークルKサンクス、ポプラ、大丸松坂屋百貨店(楽天カードのみ)、ミスタードーナツ(一部店舗では楽天Edyのみ)、プロント、パレットプラザ、 55ステーション(一部店舗では楽天カードのみ)、ミュゼプラチナム(一部店舗では楽天カードのみ)、アリさんマークの引越社(楽天カードのみ)、引越しは日通(楽天カードのみ)、釧路商店街
(注2)基本的には、「Rポイントカード」を提示し、決済手段が「楽天カード」の場合は100円につき1ポイント、「楽天Edy」の場合は200円につき1ポイントが還元されます。
(注3)「Edy-Rポイントカード」の詳細は以下URLをご参照ください。
http://item.rakuten.co.jp/edyshop/edy-rpoint_red/

また、10月初旬には「Rポイントカード」の会員証バーコード表示機能が付いたiOSとAndroid™向けの無料アプリも提供する予定。カード本体を持ち歩くことなく、スマートフォンで同サービスの利用が可能となる。
来春には簡易端末を利用した個人店向けの「Rポイントカード」サービスの提供も予定している。

関連ニュース

[`evernote` not found]
LINEで送る

-モール
-,

Copyright© EC grow | EC関連のニュースメディアサイト , 2017 All Rights Reserved.