10月21日(金)からサービス開始

阪急電鉄株式会社 および 株式会社エキ・リテール・サービス阪急阪神は、 「オープン型宅配便ロッカーPUDO(プドー)ステーション」を駅に設置し、 宅配便の荷物を24時間受け取れるサービスを10月21日(金)から、 今津駅、 仁川駅、 曽根駅、 豊中駅、 川西能勢口駅において開始する。

クロネコメンバーズ対象、再配達先として指定可能

「オープン型宅配便ロッカー」は、 ヤマト運輸株式会社とフランスのITソリューション会社ネオポストシッピング社が合弁で設立した Packcity(パックシティ) Japan(ジャパン) 株式会社が提供するものだ。
今回のサービスは、 ヤマト運輸の個人会員(クロネコメンバーズ)を対象に、 自宅で荷物を受け取ることができなかった際に、 再配達先として利用できる。
将来は、 他の宅配事業者の荷物や、 通販サイトの初回配達時の荷物の受け取りにも対応する予定だ。

サービス拡大に期待大

昨今、 ネットショッピングの普及などにより、 宅配便の取扱いが増える一方で、 一人暮らし世帯や共働き世帯の増加により、 配達時の受取人不在による再配達が増加。
荷物の受け取り方法の多様化が求められていることから、 その受け取り方法の一つとして、 毎日利用する駅で荷物の受け取りができるようにした。
将来的にネットショッピングの初回配達時の荷物受け取りが進めば、ECでのお買い物の利便性がますます高くなるだろう。

左:オープン型宅配便ロッカー(屋内型 3列仕様) / 右:ロッカーから荷物を取り出す様子

出典元:PR TIMES

関連ニュース