物流 企業戦略

「フリル」とヤマト運輸が連携し、人気のファッションアイテムを簡単配送

更新日:

[`evernote` not found]
LINEで送る

フリル独自の新たな補償サービス「フリルあんしん補償」を9月上旬より開始

ファッション用品等を個人間で売買できるフリマアプリ「FRIL(以下フリル)」を運営する、株式会社Fablic(以下、Fablic)と、ヤマトホールディングス傘下のヤマト運輸株式会社(以下、ヤマト運輸)は、9月上旬より、「フリル」ユーザーがよりリーズナブルに安心してご利用できる、フリル独自の新たな補償サービス「フリル安心サポート」付きの「ネコポス」による配送サービス「フリルあんしん補償」を開始すると発表した。

「フリルあんしん補償」は、Fablicが、このたび新たに提供するフリル独自の補償サービスだ。
配送サービスで「ネコポス」をご利用いただいき、万が一、「商品が届かない」などトラブルが発生した場合、「フリル安心サポート」に基づき、Fablicが出品者さまと購入者さまに商品代金等を補償する。

近年、フリマサイトなどの個人間取引の市場規模は1兆円と急拡大している。
出品者は荷造りに必要な箱や袋の用意や送り状記入といった配送準備を簡略化したい、購入者はより安心して都合のいいときに商品を受け取りたい、というニーズが高まっている。
一方、ユーザーは「商品がいつ届いたか、わからない」、「商品が届かない」などの不満を抱いているケースもあり、安心・安全な個人間取引を求めているという。

「フリル」は、現在月間物流総額が5億円以上、タウンロード数は380万を超えるフリマアプリで、洋服やハンドメイドアクセサリーなどのファッショングッズから、主婦に人気のキッズ用品まで幅広く出品・購入されている。

関連ニュース

[`evernote` not found]
LINEで送る

-物流, 企業戦略
-, ,

Copyright© EC grow | EC関連のニュースメディアサイト , 2017 All Rights Reserved.