届け先の都合にあわせて送ることのできるサービス

ヤマトホールディングス株式会社は、クール宅急便のサービス品質の維持ならびに向上を目的に「総量管理システム」を構築した。

当システムは、需要期(7月・12月)において、ヤマト運輸独自のビックデータ活用で、クール設備(車両・機材・資材)の強化によるキャパシティの拡大を行うとともに、全国の各拠点でのクール宅急便の日別到着量の事前予測に基づき、集配体制を整え、車両やクール機材を最適に配備するためのシステムだという。

当システムの構築により、従来、クール宅急便では利用できなかった、荷物を届け先の都合にあわせて送る「お届日指定サービス」を、平成27年6月15日(月)より個人・法人のすべてのユーザ向けに開始し、利便性向上に応える。

関連ニュース


[sc:AdSense(記事下段)]