中国サプライヤーと日本バイヤーを結びつける体制を構築

国内最大級のショッピング・オークション一括検索・比較サイト「オークファン(aucfan.com)」を運営する株式会社オークファン(以下、オークファン)は、杭州杰恩西網絡技術有限公司(以下、杭州杰恩西網絡技術)が運営する日中間最大級の仕入れ・卸売サイト「CtoJ」との連携を4月10日発表した。

今回の連携により「CtoJ」に加盟している中国サプライヤーをオークファンが運営する自社卸販売サイトASPサービス「らくらく卸」の出店につなげてゆく。
今後、長期的な運輸を見据えて、中国サプライヤーと日本バイヤーの架け橋になるよう、物流・決済・サポートの体制を整えていく予定だ。

オークファンは、国内外のオークション・ショッピングサイトを一括で検索することが可能な「aucfan.com」を始め、「オークファン仕入れモール」や「楽市楽座」の運営を中心とするインターネットメディア事業を行っている。
また、杭州杰恩西網絡技術は、、中国本土EC企業として中国市場を深く理解しており、優良な中国サプライヤー企業の日本販路開拓をサポートを行っている。さらに、日本のバイヤーや消費者に中国製品を提供するための事業も展開している。

昨今、対ドルの円安が進み、欧米地域との輸入や輸出ビジネスが難しくなってきている。
一方、安価で商品が仕入れられる中国輸入スタイルが現在、注目されている。
しかしながら、中国での商品確保が課題となっている。
バイヤーとサプライヤーを結びつける「CtoJ」との連携により、オークファンの売り手ユーザーの利便性が今後、高まることが期待される。

今回の連携によって、日中間でのネット物販の更なるグローバル化が進むであろう。

関連ニュース


[sc:AdSense(記事下段)]