ヤマト運輸、通販事業者・フリマサイトの利用者へ向け、安価なサービスを提供

ヤマト運輸株式会社(以下、ヤマト運輸)は、3月3日「宅急便コンパクト」と「ネコポス」のサービスを4月1日より開始すると発表した。
近年、スマートフォンなどの普及により、ネット通販やフリマサイトなどの拡大が進む中、化粧品や健康食品といった比較的低価格で小さな日用品をネット経由で購入するユーザーが増加している。それに伴い、通販事業者をはじめ、法人から、「小さな荷物」をよりリーズナブルに運んでほしいというニーズが高まっていた。
また、荷物を受け取る側もニーズが多様化する中、フリマサイトを利用するユーザーの約8割がポストへの投函を望んでいるとの統計もあり、ヤマト運輸は「小さな荷物」の配送のニーズに応える新しいサービスの開発を検討していた。

 

宅急便コンパクトについて

宅急便コンパクトは、従来の宅急便のサイズに拡充される形で、サービスが運用される。
法人、個人を問わず、すべてのユーザーが利用することができる。
「専用BOX」と「専用薄型BOX」の2種類の専用BOXで利用することができる。
ヤマト運輸の直営店と取扱店で販売し、5枚以上の注文で、オフィスや自宅へ配達を行なう。
専用BOXに入るものなら、重量の制限はない。
宅急便コンパクトは、通販事業者を中心に付加価値の高いサービスを追加していく予定だ。
また、取扱窓口についても、順次拡大を進め、個人のお客さまを含めたすべてのお客さまの利便性向上に努めてゆく。

・サービス名称:宅急便コンパクト
・対象:法人、個人を問わず、すべてのユーザー
・利用方法・条件:専用BOXで利用可能
・料金:宅急便コンパクト運賃+専用BOX代金※運賃とは別途に専用BOX代金65円(税込)が必要

ネコポスについて

ネコポスは、投函サービスとなっており、通販事業者などの法人や各種団体、個人事業主へ向けて、ヤマト運輸と契約することで利用可能となる。
また、ヤマト運輸と契約のあるフリマサイトなどでは、個人の利用者でもネコポスを利用することができ、個人間取引の多くを占める「小さな荷物」の配送ニーズに応えてゆく。
ヤマト運輸と各サイトの連携で、サイト内で送り状発行や集荷手配などが完結し、出品から配送までの一連の流れが格段にスムーズになり、個人間取引を便利に安心して利用できるよう、物流面で貢献してゆくとのこと。

・サービス名称:ネコポス
・対象:
1,ヤマト運輸と契約した法人・各種団体、個人事業主
2,ヤマト運輸と契約のある個人間取引サイト(フリマ、オークション)
・利用方法・条件:事前申込契約、専用の送り状ラベル
・料金:数量などに応じて変動(目安ではあるが、月間約100個を発送される事業者へは、200円半ばで利用が可能)

ネコポスに関して、数量などによってことなるが、通販事業者やフリマサイト、オークションサイトの利用者にとってメール便に代わる安価な配送サービスとして期待される。

関連ニュース


[sc:AdSense(記事下段)]