[vc_row][vc_column width=”1/1″][vc_column_text el_class=”article-title”]契約のある団体や事業者に向けたサービス
[/vc_column_text][vc_row_inner][vc_column_inner width=”1/2″][vc_gallery type=”flexslider_fade” interval=”0″ images=”1718″ onclick=”link_image” custom_links_target=”_self” img_size=”large”][/vc_column_inner][vc_column_inner width=”1/2″][vc_column_text]ヤマト運輸株式会社(以下、ヤマト運輸)は、3月末に終了となる「クロネコメール便」に代わり、4月1日からサービス提供開始する「クロネコDM便」のサービス内容を発表した。

「クロネコDM便」は、ヤマト運輸と契約している法人や各種団体、個人事業主に向けたカタログやパンフレットなどの「非信書」を、全国へ送ることができる投函サービス。

受け取りの際に受領印は不要で、集荷や追跡サービスなどを利用できる。
3辺計60cmまで、厚さ2cmまで、最長辺34cmまでかつ、重さ1kgまでの送付物が対象となる。
料金は数量や地域、出荷形態によって変動するが、上限はメール便と同じ164円。

これまでに同社と契約の上で「クロネコメール便」を利用していたユーザーは、改めて内容物の申告をし、申込みをする必要がある。
また、事前に申込むことにより、これまで発送の都度記入していた署名が不要になるという。

また、「クロネコDM便」は契約ユーザーのみ利用可能で、一般ユーザーの利用や、コンビニなどでの取り扱いはしない。

[/vc_column_text][/vc_column_inner][/vc_row_inner][/vc_column][/vc_row][vc_row][vc_column width=”1/1″][vc_separator color=”grey”][vc_column_text]出典元:ヤマトホールディングス ニュースリリース[/vc_column_text][/vc_column][/vc_row]

関連ニュース