[vc_row][vc_column width=”1/1″][vc_column_text el_class=”article-title”]2015年3月31日の受付で終了[/vc_column_text][vc_row_inner][vc_column_inner width=”1/2″][vc_gallery type=”flexslider_fade” interval=”0″ images=”1451″ onclick=”link_image” custom_links_target=”_self” img_size=”large”][/vc_column_inner][vc_column_inner width=”1/2″][vc_column_text]ヤマト運輸株式会社は1月22日に、3月31日受付をもってクロネコメール便を廃止すると発表した。
廃止の理由として2003年、総務省より「信書に該当する文書に関する指針」が告示されたが、2009年7月以降、クロネコメール便を利用して利用者が信書にあたる文書を送り、郵便法違反容疑で書類送検、もしくは警察から事情聴取されたケースが計8件にのぼった。
これを重く見たヤマト運輸は総務省に改善要求を行ってきたが改善が見られないため利用者のリスクを防ぐためクロネコメール便の廃止を決定した。

これに伴い、4月1日からは代替サービスとして、事前に内容物の種類を確認できるカタログ、パンフレットなどの「非信書」に限定し、運賃体系も見直した上で、「クロネコDM便」と名称を変更し、サービスを継続する。

また「小さな荷物」のやりとりにクロネコメール便を利用している個人、法人の利用者向けに、同じく4月1日より、「小さな荷物」を安心で手軽にご利用いただける宅急便のサービスを拡充する予定。
[/vc_column_text][/vc_column_inner][/vc_row_inner][/vc_column][/vc_row][vc_row][vc_column width=”1/1″][vc_separator color=”grey”][vc_column_text]出典元:ニュースリリース[/vc_column_text][/vc_column][/vc_row]

関連ニュース