EFOとは「Entry Form Optimization」(エントリーフォーム最適化)の略語で、入力フォーム最適化のことをさします。ECサイトでのお買い物や、企業サイトでの資料請求の際に、実に70%以上のユーザーが、買い物かごやフォームの入力途中で離脱していると言われています。
LPをどれだけ頑張って作り込んでいたとしても、申込み完了の手前で離脱してしまっては意味がありません。
そこで、ユーザーが、いつ、どこで、なぜ離脱しているのか要因を突き止め、フォームを改善し、解決することで、ストレスなく最後まで進んでもらうように促し、最終的な申込み数(CVR)を高めるという施策がEFOです。

EFOツールとは?

しかし、ひとくちにEFOといっても、既存のフォームの改善点を洗い出し、最適化するのは簡単なことではありません。
そこで、導入するだけで簡単に入力フォームを最適化してくれるのが、EFOツールです。

EFOツールの代表的な機能は9個

昨今急速にその重要性が見直されてきているEFO。各社がこぞってEFOツールをリリースしており、その種類や機能もさまざまです。ここでは数あるEFOツールの代表的な機能についてご紹介していきます。

リアルタイムアラート

誤った内容を入力すると、即時でエラーが出る機能です。ユーザーはすぐに間違いに気づいて修正することができます。全ての項目を入力し終わった後にエラーが出て再入力を要求され、モチベーションが下がってしまうことを防ぎます。

住所自動入力

郵便番号を入力すると、後に続く住所が自動で入力される機能です。

ふりがな自動入力

氏名を入力すると自動的にフリガナも入力される機能です。同じことを何度も打ち込む煩わしさを軽減します。

背景のカラーリング

必須項目や、エラーが出ている項目に背景色をつけることで、項目を目立たせたり区別しやすくします。

離脱アラート

申し込み完了手前で終わったと勘違いして離脱してしまうユーザーも少なくありません。申し込み完了まで行かずにフォームを閉じようとした際に、確認のダイアログなどを表示する機能です。

残りの項目数を教える

あとどれくらい入力が必要なのかを知らせる機能です。ボリュームのあるフォームでもユーザーが自分の進捗を知ることができ、ゴールまでのモチベーションを保つことができます。

半角・全角を自動変換

ユーザーが全角・半角どちらで入力しても、必要に応じて変換する機能です。

「次へ進む」ボタンの制御

項目を正しく入力するまで次へ進めないようにボタンを非アクティブにする機能です。

ログ解析・レポート機能

フォームへの訪問数や離脱率、完了率、所要時間などのログを解析したり、見やすくレポート化してくれる機能です。
どこでエラーが発生してしまっているか、ユーザーが離脱しているのか、などを発見することで、よりコンバージョンの高いフォームへと改善することができます。

EFOツールの口コミ

何か、EFに問題あるかなという疑問が消えない時はまず入れてみるといいかも。
通販していると、CVRが0.1%変わるだけで大きな違いになりうるので、そういった検証ではかなり有効かと。

スマートフォンから自分で実際に入力してみましたが、ユーザーの工数がひと手間もふた手間も減ったことを実感しております。

エンドユーザー利用におけるユーザビリティ向上。入力簡素化及びページ遷移時のエラー制御をコントロール。

参考:https://www.itreview.jp/

おすすめのEFOツール10選

Gyro-n EFO

申し込んだ後は自身で設定などが必要なサービスが多い中、Gyro-n EFOは専門スタッフの徹底したサポートが受けられるのが特徴。また、Yahoo! ID、facebook IDに登録されている情報をフォームに自動入力するよう連携させる同社のサービス「Gyro-n SFS」も利用可能なことから、フォーム入力への負担をより軽減できるEFOツールとなっている。

サービス名 https://www.gyro-n.com/efo/
料金 初期費用:0円〜
月額費用:15,000円〜
機能 機能

EFO CUBE

サービス名 https://www.efo-cube.info/
料金 初期費用:0円〜
月額費用:15,000円〜
機能 機能

f-tra EFO

サービス名 https://f-tra.com/ja/efo/
料金 初期費用:0円〜
月額費用:15,000円〜
機能 機能

GORILLA-EFO

サービス名 https://gorilla-efo.com/
料金 初期費用:0円〜
月額費用:15,000円〜
機能 機能

リピストEFO

サービス名 https://rpst.jp/release/efo.php
料金 初期費用:0円〜
月額費用:15,000円〜
機能 機能

フォームアシスト

サービス名 https://
料金 初期費用:0円〜
月額費用:15,000円〜
機能 機能

formy

サービス名 https://formy.jp/
料金 初期費用:0円〜
月額費用:15,000円〜
機能 機能

スマートUPフォーム

サービス名 https://suf.jp/
料金 初期費用:0円〜
月額費用:15,000円〜
機能 機能

EFOcats

こんなの無かった!フォームの形が変わる究極のEFOツール!スマホで快適なフォームに最適化し、離脱率ゼロを目指しませんか?

サービス名 https://www.fcafe.com/efocats/
料金 初期費用:300,000円
月額費用:スマホ:30,000円、スマホ&PC:50,000円
機能 機能

関連ニュース