第1回 ユーザの本音知ってますか?ユーザテストで聞いてみよう!

こんにちは。株式会社ゆめみ岩野と申します。

自社のWebサイトやアプリなどのサービスをお持ちの皆さん。
『サイトをより使いやすくしたい』『ユーザビリティを向上したい』とお思いではないでしょうか?

株式会社ゆめみでは、そのようなサービスをお持ちの方に対して、「ユーザテスト」でご協力させて頂き、ユーザにとって本当に使いやすいサイトにするにはどうするのか?を分析し改善提案、改善施策を行なっています。

今回はユーザテストとは?から始まり、次にその結果どうするのか?最後に実際の事例のご紹介、という以下全3回の流れでお伝えしていきます。

第1回:「ユーザの本音知ってますか?ユーザテストで聞いてみよう!」
第2回:「ユーザテストやってみたけどこの後どうするの?」
第3回:「実際のユーザテスト事例、のご紹介」

今回の記事はこんな人にオススメ!

ユーザテストって最近よく聞くけどいったいどんな事するの?本当に効果があるの?
と思われている方に是非読んで頂きたいと思っています。

「ユーザテストをやってみたけどそれをどう活かせばいいか解らない」というお悩みをお持ちでしたら、第2回のコラムではユーザテストの結果をどう活かすか?という所に触れて行きたいと思っていますので、そちらからでも是非読んで頂ければと思います。

ユーザテストとは?

今回弊社でユーザテストサービスのディレクターとして活躍されている坂本和桂子さんにお話を伺いました。

■ユーザテストとはなんでしょうか?

Webサイトやスマートフォンアプリの使いやすさ(ユーザビリティ)を、実際にユーザに使ってもらい、その結果(行動や感想)から、ニーズやWebサイトの課題を抽出するテストです。

■なぜユーザテストをする必要があるのでしょうか?

アクセス解析ツールを導入し、自社で(あるいは他社のコンサルタントが)サイト解析を実施している企業様も多くあります。

しかし、アクセス解析ツールでは定量的なデータ(=離脱率やクリック率などの数値データ)は取得できるものの、「なぜ?こういう数値が出たの?」という理由(=定性的データ)を探り出すことが困難です。

そこで、定量的データだけでは導き出せないユーザの行動を発見するために定性的手段であるユーザテストが有効となります。

■ユーザテストをすると、どのような効果がありますか?

解析ツールでは分からない「ユーザの生の声」や、企業側が気づかなかった「Webサイトの問題点」を浮き彫りにする効果があります。

そして、その「ユーザの生の声」や「Webサイトの問題点」をユーザビリティの改善やコンセプトの見直しなどに役立てることができます。

■ゆめみでのユーザテストの特徴はなんですか?

フィーチャーフォン(ガラケー)時代からの経験や知見・ノウハウ、成果物が豊富なので、ケータイユーザの動作傾向まで落とし込んだ分析には自身があります。

ただ、テストを実施するだけではなく、テスト結果に基づき、報告レポートや課題をふまえての改善案を設計・作成する等、よりユーザが使いやすいサイトへのお手伝いをします。
(※レポート作成やワイヤーフレーム設計は、価格プランによっては非対応)

ユーザテストは実際どうやるの?

■事前準備

(1)現状のサイトに関するお悩みをヒアリングします

例えば新規会員登録の途中で離脱が多いなど。商品購入に関しての問い合わせが多い、など。

(2)次にサービスのターゲットにマッチした被験者(=テストユーザ)を最大5人程度集めます

例えばオンラインショッピングサイトを利用した事がある20代女性未婚ユーザ、など。
またその際企業様が生のユーザ像をより容易に想定できるよう、テスト実施前には被験者の行動パターンや趣味趣向などもヒアリングしておきます。
※5人という数字の根拠はウェブユーザビリティの第一人者・ヤコブ・ニールセン博士による『5人のユーザでテストすれば約85%の問題点が見つかる』という理論を参考にして算出しています。

■ユーザテスト

(3)ユーザテストから知りたい情報をタスクとして被験者に提示。

例えば新規会員登録の様子を知りたい時は「会員登録をしてみて下さい」と提示します。
(どこから登録が出来るのか、などは教えないようにします)

(4)上記タスクを行なうユーザの行動をビデオカメラで記録し、サイト自体の使い勝手の感想などをヒアリング。

使っている最中にも「なぜ今その操作をしたのか?」「このボタンを押すとどういう結果が返ってくると思っていたか?」などをヒアリングする事で、どのような考えで、その操作を行なったのか、を確認していきます。

■ユーザテスト後

(5)結果から他社・競合事例研究をもとに改善レポートを作成します。

(6)改善施策を反映させるワイヤーフレームまで作成のお手伝いをします。

上記のような流れでユーザテストを進めて行きます。
いかがだったでしょうか?
ユーザテストについて少しでもイメージが沸いて頂ければ幸いです。

最後に

実際に企業側がユーザテストをしてみると、実際のユーザが思いもよらない操作をしている、という事に驚かされます。
企業側はサイトを熟知しているために、webサイトやアプリに接する人にとってどのようにサービスが見えているのかという感覚が掴みづらくなってしまっているようです。

そんな時にこのユーザテストは、ユーザの生の声を聞くことで自分達のサイトのどこが解りにくいのか、使いにくいのかを発見するための有益な手法となります。
ゆめみでもサービスとして提供しておりますので、是非ご興味があればお問い合わせ頂ければと思います。

次回は今回紹介したユーザテストを行なった後、どのようにそのデータを活かしていくのか?について紹介できればと思います。

ゆめみでのユーザテストの進め方は以下ページでもご紹介しております。

http://www.yumemi.co.jp/-/ut/

著者:岩野真理子

株式会社ゆめみ サービスプランナー

お客様のこんなこと、あんなことしたい、というご要望を実現するため、UX./UIを意識した企画提案を行なっています。


[sc:AdSense(記事下段)]