コラム

【石井元と学ぶ天猫】第1回 天猫(Tmall)ってなんだ?(2)

更新日:


こんにちわ、元(Gen)です!

前回は第1回目ということで「淘宝網(taobao)と天猫(Tmall)の違い」について学びました。
さて、第2回の今回は「天猫国際(Tmall Global)」についてさらに詳しく勉強していきましょう!

天猫国際(Tmall Global)とは?

前回のコラムでは天猫(Tmall)は中国で一番大きいBtoCショッピングサイトとお伝えしました。
今回、お話する天猫国際(Tmall Global)は2013年にオープンした海外企業が天猫(Tmall)に出品するために作られたサービスです。

天猫(Tmall)に出店するには、中国に法人がないといけないという規則があり、これまでは中国に法人がない海外企業は参入ができませんでした。
そこでアリババは先にご紹介した天猫国際(Tmall Global)をオープンし、これによって今まで天猫(Tmall)という市場に参入できなかった海外企業も参入することができるようになりました。

代表的な日本からの出店店舗は「nissen」「ケンコーコム」「キリン堂」で、欧州からも「ユニリーバ」「costco」「LUSH」等の有名企業の出店が続いています。

お客様から見た天猫国際(Tmall Global)とは?

お客様からすると、両者の違いは「商品が海外から配送される」ことだけです。
日本人の感覚ですと、海外から発送される商品は「本物かどうかわからない。」「ちゃんと届くのだろうか」など不安がつきものです。しかし中国人からすると、逆に国内の商品は本物かどうか不安なため、海外(特に先進国)から発送される商品のほうが信用があり、安心されるそうです。
注文から商品到着までの時間も、天猫国際(Tmall Global)には注文後72時間以内に商品を発送するというルールがあるため、比較的早く商品を受け取れます。

要するに、お客様からすると天猫でも天猫国際でもいつも通りお買い物ができるということですね。

反対に出店者から見た天猫国際(Tmall Global)は天猫(Tmall)では大きく違うのですが、これに関しては次回お伝えしていきます。

謝謝!!

越境ECサポートサービスのご紹介

株式会社エフカフェでは主に中国向けの越境EC運営サポートを行っております。
本格参入はもちろんまずはテストマーケティングを行ってみたいという企業様からも多くのお問合せ、サポートをさせていただいております。
自社商品は中国でも売れるのか?といったお悩みも是非、ご相談・お問合せください!

http://www.fcafe.com/

gen

著者:石井 元(Gen)

株式会社エフカフェ 越境EC担当ディレクター

越境EC(主に中国)の運営・コンサルティングを行っています。
目まぐるしく変化するマーケットを皆様と一緒に勉強中です!


-コラム
-,

Copyright© EC grow | EC関連のニュースメディアサイト , 2018 All Rights Reserved.