レコメンドウィジェットを活用して配信されるネット広告の流通総額が右肩上がりで伸びています。
この上昇はコンテンツSEOがトレンドになったためと考えられます。
今回はそんなレコメンドウィジェット型広告の中から代表的なものをご紹介します。

1.Yahoo!コンテンツディスカバリー広告

ユーザーのインタレストに合わせておすすめ記事を配信する媒体です。

2.TAXEL

優良法人メディアを中心にネットワークしており、ターゲットに合わせたコンテンツとメディアに関連性の高い記事が、広告として配信されます。

3. Logly lift
読まれている記事と関連性の高い記事が広告として配信されます。

4. Popin
読まれている記事と関連性の高い記事が広告として配信されます。

5. Outbrain
ユーザーのインタレストに合わせておすすめ記事を配信する媒体です。

6. Somewrite ad
ユーザーのインタレストと記事の内容を加味して、広告が配信される媒体です。

その他参考サイト
2017年レコメンドウィジェット広告市場規模、前年比約2倍の148億円に【デジタルインファクト調査】

レコメンドウィジェット型ネイティブ広告のあれこれ

関連ニュース


[sc:AdSense(記事下段)]