分析

EC関連の求人案件が急増 前年比4.4倍 - 「通販転職」調べ

更新日:

[`evernote` not found]
LINEで送る

「通販転職」の求人案件が152%増、EC関連はそのうち32.8%

株式会社アドブレイブ(以下、アドブレイブ)は、同社が運営する通販・EC業界専門の転職サイト「通販転職」に登録する人材や企業側の募集案件の傾向などをまとめたところ、EC関連の求人案件が前年比4.4倍になっていることが明らかとなった。

「通販転職」は、サービスを開始して以来登録者数が拡大し、2015年の求人件数は前年比152%増の239件となった。その中で通販サイトの運営経験者、WEBデザイン、WEBマーケティングなど、EC関連の求人案件が32.8%を占めており、急増傾向にあるという。

EC関連の求人増加において考えられる理由

(1)通販業界でEC施策が進化していること
(2)異業種の新規参入が進み、新たな通販サイト・サービスが増えていること
(3)EC関連の人材は慢性的に不足気味であること
(4)EC関連の人材は所属企業の待遇も良く、優れた人材が市場に出にくいこと
(5)EC関連の人材は育成に時間がかかり、スキルを磨いている段階の人が多いこと

企業が求める人材のキャリアと年代にギャップ

「通販転職」の登録者は30代が30%、30〜40代が75%を占めているのに対し、なるべく若くてスキルを持った人材を求めている企業が多く、30代後半以上はこれまでの考え方や手法を変えられない世代と捉えている傾向があるという。

しかし、「通販転職」はまだEC業界が黎明期だった頃に社会人となり、業界全体の歴史や流れをよく見てきた30〜45歳程度の年齢層の人材が、最も成熟したスキルと経験を持っていると考えており、企業が求める人材のキャリアと年齢にギャップがあると分析している。

出典元:Value Press!

関連ニュース

[`evernote` not found]
LINEで送る

-分析
-, ,

Copyright© EC grow | EC関連のニュースメディアサイト , 2017 All Rights Reserved.