分析

ファッションEC 訪問頻度ランキング -ヴァリューズ調べ-

投稿日:

[`evernote` not found]
LINEで送る

マーケティング分析サービス「VALUES eMark+」を使用、20万人規模のモニター会員より調査

通販サイトでは、新規客の獲得だけでなく、一度サイトに来訪してくれたユーザーにリピート利用して貰い、いかにファンを増やしていくかが重要視されている。
ネット行動分析サービスを提供する株式会社ヴァリューズ(以下、ヴァリューズ)では、一般ネットユーザーの行動ログとデモグラフィック(属性)情報を用いたマーケティング分析サービス「VALUES eMark+」を使用し、通販サイトのファッション領域について2015年1月~3月のサイト訪問者数、訪問回数を集計、訪問頻度ランキングを作成した。
また、訪問頻度の高い上位サイトについて、サイト基本指標、ユーザー属性、集客構造を比較検証した。

【調査・分析概要】

全国の20万人規模のモニター会員の協力により、ネット行動ログとユーザー属性情報を用いたマーケティング分析サービス「VALUES eMark+」を使用し、2015年1月~3月の3カ月間で各サイト訪問者数、訪問回数を集計し、訪問頻度ランキングを作成した。
その中で、訪問頻度の高い上位サイトについて、同時期のサイト基本指標、訪問者の属性、流入元構成などを分析を行った。
※サイト訪問者数、訪問回数はPCからのアクセスを集計
※「カテゴリ」はヴァリューズが独自に定義

調査・分析結果については以下の通り

サイト訪問者数では、カタログ通販の「ベルメゾンネット」「ニッセン」が2強。
訪問頻度では、TV通販の「ショップチャンネル」「QVCジャパン」をはじめ、「ZOZOTOWN」が上位となった。
まず、2015年1月~3月の3カ月間で「ファッション」カテゴリのECサイト訪問者数を集計したところ(表①)、訪問者数の1位「ベルメゾンネット」2位「ニッセン」で、ユーザー数ではカタログ通販サイトが2強となっていた。
3位は「ユニクロ」4位には「ZOZOTOWN」が入っている。
トップ10のうち半数がカタログ通販サイトとなっており、依然としてカタログ通販の集客力の高さがうかがえる。

次に、同期間のサイト訪問回数を集計し、ユーザー1人当たり訪問回数(訪問頻度)でランキングしたところ(表②)、1位は「通販・テレビショッピングのショップチャンネル」、2位「QVCジャパン|世界最大級のテレビショッピング・通販」、3位「ZOZOTOWN」という結果となった。
「ショップチャンネル」や「QVCジャパン」はTV通販との連携があるためか、3カ月間で1人当たりの訪問回数が10回超と非常に高くなっている。

一方、3位に入った「ZOZOTOWN」をはじめ、トップ10内の「スタイルクルーズ」「ワールド オンラインストア」「Stylife」などは、各アパレルブランドのファンが、新作やセールのチェックなどでリピート訪問していると考えられる。
また、4位のニッセンが運営する「アウトレット通販 BRANDELI」や、「ギルト」「ファミリーセール グラムール」等、会員制のアウトレットやセールサイトが、複数、訪問頻度上位にランクインしていることも特徴的だ。

集客施策はサイト特性が顕著。

ZOZOTOWNは自然検索流入、ブックマーク経由などでファンをつかむ。
来訪頻度の高い上位ファッションECのうち、TV通販からは「ショップチャンネル」、アパレル特化のECモールから「ZOZOTOWN」、会員制アウトレットモールより「BRANDELI」、の3サイトについて、サイト基本指標を比較してみた(表③)。
まず、特筆すべきは、各サイトともに直帰率が20%前後と低く、平均滞在時間は約10分と、来訪してくれたユーザーを逃さず、サイト内で回遊・滞在させるつくりになっている点だ。
また、購入者に絞った平均滞在時間では、「ZOZOTOWN」は30分を超えており、各サイト共通して、購入者では平均滞在時間が約2~3倍に伸びている。
吟味しながら購入を検討していることが伺える。

サイト訪問者の属性でも、各サイトのターゲット像が明確にあらわれてる(グラフ④)。
性別では各サイトとも女性の割合が高くなっているが、「ZOZOTOWN」では男性比率も37%ある。また、年代では「ZOZOTOWN」は20代~30代が56%、一方の「ショップチャンネル」は50代~60代が67%を占める結果となった。

各サイトの集客構造を比較ついて(グラフ⑤)。
「ショップチャンネル」や「ZOZOTOWN」は、「お気に入り(ブックマーク)/履歴」経由の流入が30%を超えており、一定のファンがついていることがわかる。
「BRANDELI」は最初にメルマガ登録をしてセール会場へ誘導するつくりになっているため、「メール経由」の流入が27%と高くなっている。
また、「ZOZOTOWN」では「自然検索」経由の流入割合が47%と高くなっている。
検索キーワードはサイト名の「ZOZO」をはじめ、各アパレルブランドの名称や、「トレンチコート」「チェスターコート」等アイテム名など、バラエティに富んだ結果となった。
流行の変化が激しいファッション業界でだが、常に新作を入荷する「ZOZOTOWN」では旬のキーワードを的確にとらえたSEO対策が、有効に機能しているようだ。

出典元:ヴァリューズ トピックス

関連ニュース

[`evernote` not found]
LINEで送る

-分析
-

Copyright© EC grow | EC関連のニュースメディアサイト , 2018 All Rights Reserved.